Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
05. 工学部・工学研究科 = Faculty of Engineering >
静岡大學工學部研究報告 (1950-2002) >
2001 52 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000185
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000102341.pdf630.72 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 外径絞りを伴う冷間押出しによる平歯車の成形
その他のタイトル: Shaping of Spur Gear by Cold Extrusion through Reducing Outer Diameter of Workpiece
著者: 吉田, 始
沢木, 洋三
掲載誌名: 静岡大學工學部研究報告
出版者: 静岡大学工学部
巻: 52
開始ページ: 1
終了ページ: 6
出版日付: 2002-03-29
NDC: 531
抄録: The shaping of spur gear by cold extrusion through reducing the outer diameter of workpiece is examined experimentally. The specifications of gear tested are as follows : module m=1.0,l.25,1.5,pressure angle α=20°, number of teeth Z=22,18,16,whole depth h=2.25m, bore diameter di=0∿15mm. The material used is low-carbon steel, JIS S15C. It if found that this method can produce much better shaped spur gears, having complete tooth, than the extrusion without reducing the outer diameter of workpiece. Especially, even the gear having relatively small size bore can be also well shaped. And the higher the reduction in area, that is, the larger outer diameter and/or larger inner diameter, the higher punch pressure is needed and the better shaping can be achieved. The minimum punch pressure to shape complete tooth is related to the reduction in area, and width of defective tooth, appeared on near the both end parts, seems to be controlled by the punch pressure.
ISSN: 05830915 OPAC
NII論文ID: 110000413337 ciniia
NII書誌ID: AN00103146 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2001 52

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 吉田, 始 (ヨシダ, ハジメ) (Yoshida, Hajime) -- 沢木, 洋三 (サワキ, ヨウゾウ) (Sawaki, Yozo)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください