Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
04. 理学部・理学研究科 = Faculty of Science >
静岡大学地球科学研究報告 (1975-) >
1992 18 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000302
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000102634.pdf3.54 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 日光火山群東方地域に分布する中・後期更新世テフラ : 日光火山群の噴火史
その他のタイトル: Middle-late Pleistocene pyroclastic air-fall deposits in the eastern region of the Nikko volcano group, northeastern Japan Eruption history of the Nikko volcano group
著者: 村本, 芳英
掲載誌名: 静岡大学地球科学研究報告
出版者: 静岡大学地球科学教室
巻: 18
開始ページ: 59
終了ページ: 91
出版日付: 1992-07
NDC: 453
抄録: 日光火山群は東北日本, 栃木・群馬県境に位置し, 女峰・赤薙火山と男体火山の2つの成層火山と, いくつかの溶岩円頂丘から成る。本論文では日光火山群東方地域に分布する降下火砕物を明らかにし, テフロクロノロジーを用いて日光火山群の噴火史を組み立てた。日光火山群の噴火史をまとめると次のようになる : 約30万年〜15万年前, 女峰・赤薙火山の爆発的噴火。この間のプリニ-式噴火による降下火砕物の噴出量は約11km^3である;約15万年〜10万年前 : 女峰・赤薙火山の小規模な噴火;約10万年〜7万年前, 女峰・赤薙火山の爆発的噴火。この間のプリニ一式噴火による降下火砕物の噴出量は約6km^3である;約7万年〜2万年前, 爆発的噴火の休止期間あるいは溶岩円頂丘の形成;約2万年〜1万年前, 男体火山の爆発的噴火。この間の降下火砕物の噴出量は約11km^3である。
ISSN: 03886298 OPAC
NII論文ID: 110000413492 ciniia
NII書誌ID: AN00103190 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:1992 18

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 村本, 芳英

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください