Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
04. 理学部・理学研究科 = Faculty of Science >
静岡大学地球科学研究報告 (1975-) >
1993 20 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000323
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000102357.pdf629.15 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: ニュージーランド北島, オハクネ火口産高マグネシア質安山岩と同質デイサイト(鮫島輝彦先生追悼論文集)
その他のタイトル: Hight Mg-andesite and -dacite from Ohakune crater, North Island, New Zealand(MEMORIAL VOLUME TO THE LATE PROFESSOR TERUHIKO SAMESHIMA)
著者: 黒田, 直
野村, 忠司
浦野, 隼臣
掲載誌名: 静岡大学地球科学研究報告
出版者: 静岡大学地球科学教室
巻: 20
開始ページ: 41
終了ページ: 47
出版日付: 1994-03
NDC: 458
抄録: The Ohakune crater is one of the parasitic vents around Ruapehu volcano. Olivine andesite and bronzite dacite occur in and around the crater, the eruption of which took place explosively on the flat laharic plain surrounding Ruapehu volcano. The Ohakune crater rocks ' contain some phenocrysts of Mg-rich olivine (Fo88) or orthopyroxene (En89) , indicating their derivation from the mantle peridotite. The olivine andesites have high contents of MgO (7.3-6.6%) and SiO_2 (55.5-57.4%), similar to magnesian andesites from some island arcs and continental margins. The bronzite dacite also has MgO (5%) despite its relatively high SiO_2 (63.7%). The high-Mg olivine andesites fall near the area of parental basalts and andesites of very low-K and -Rb in the linear trend of the Tongariro volcanic rocks in the K-Rb relation, whereas the high-Mg dacite is plotted on the area of relatively high-K and -Rb in the same linear trend. The dacite may have formed by contamination ( or mixing) of the olivine andesite-forming magma with a high-K and -Rb, felsic crustal material.
ISSN: 03886298 OPAC
NII論文ID: 110000413344 ciniia
NII書誌ID: AN00103190 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:1993 20

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 黒田, 直 (クロダ, ナオシ) (Kuroda, Naoshi) -- 野村, 忠司 -- 浦野, 隼臣

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください