Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
04. 理学部・理学研究科 = Faculty of Science >
静岡大学地球科学研究報告 (1975-) >
1993 20 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000327
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000102356.pdf956.15 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: Magnesian andesites from White Island, New Zealand : Mineralogical evidence for mixing of high-magnesian basalt and dacite magmas : Mineralogical evidence for mixing of high-magnesian basalt and dacite magmas(MEMORIAL VOLUME TO THE LATE PROFESSOR TERUHIKO SAMESHIMA)
その他のタイトル: ニュージーランド, ホワイト島の高マグネシア安山岩 : 高マグネシア玄武岩質とデイサイト質マグマ混合の鉱物学的証拠(鮫島輝彦先生追悼論文集)
著者: Shiraki, Keiichi
Saito, Toshikazu
Kuroda, Naoshi
Urano, Hayaomi
Sugiura, Tsutomu
Cole, J. W.
掲載誌名: Geoscience reports of Shizuoka University
出版者: Shizuoka University. Institute of Geosciences
巻: 20
開始ページ: 33
終了ページ: 40
出版日付: 1994-03
NDC: 458
抄録: ホワイト島火山から1977年の噴火で放出された火山岩塊は, 化学組成では, 瀬戸内火山岩のカンラン石, 単斜輝石, 斜方輝石の順に, Mg#が連続的に減少する単斜輝石高マグネシア安山岩に似る.しかし鉱物化学組成はまったく異なり, ホワイト島高マグネシア安山岩は, 著しくMgに富み(Fo_<92-88>), 正規累帯をなすカンラン石と, 対照的にMgに比較的乏しく(Mg#=84-73), 逆累帯を示す単斜および斜方輝石をもつ.特に, 単斜輝石の核部はMg#が79-75とカンラン石に比べ低く, カンラン石を晶出させたと同一のマグマに由来するとは考え難い.ホワイト島高マグネシア安山岩は高マグネシア玄武岩質マグマとデイサイト質マグマの混合によって生じた。
Andesite blocks erupted from White Island volcano in 1977 are chemically similar to the clinopyroxene-rich magnesian andesites from the Setouchi volcanic belt in southwest Japan. However, there are differences in mineralogy with Mg# decreasing from olivine to clinopyroxene and orthopyroxene with a marked compositional gap. The White Island magnesian andesite contains olivine phenocrysts normally zoned from Fo92 to Fo88,suggesting that they have crystallized from a high magnesian magma. In contrast, the clino- and orthopyroxenes are rather low in Mg# , with a highest value of 83.9,and many are reversely zoned. The clinopyroxene cores with Mg# ranging from 79 to 75 indicate their derivation from a magma significantly higher in FeO/MgO than the host rock. The White Island magnesian andesites are considered to have formed by mixing of a high-Mg basalt magma and a dacite magma with relatively high FeO/MgO.
ISSN: 03886298 OPAC
NII論文ID: 110000413343 ciniia
NII書誌ID: AN00103190 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:1993 20

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: Shiraki, Keiichi -- Saito, Toshikazu -- Kuroda, Naoshi (黒田, 直) (クロダ, ナオシ) -- Urano, Hayaomi -- Sugiura, Tsutomu -- Cole, J. W.

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください