Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
04. 理学部・理学研究科 = Faculty of Science >
静岡大学地球科学研究報告 (1975-) >
1994 21 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000332
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000102378.pdf1.35 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 紀伊半島東部, 海山地域の四万十帯上部白亜系
その他のタイトル: Upper Cretaceous strata in the Shimanto Belt of the Miyama area, eastern Kii Peninsula, Southwest Japan.
著者: 田邊, 裕高
狩野, 謙一
掲載誌名: 静岡大学地球科学研究報告
出版者: 静岡大学地球科学教室
巻: 21
開始ページ: 1
終了ページ: 10
出版日付: 1994-09
NDC: 455
抄録: The Geology of the Shimanto Belt has been examined in the Miyama area, north of Owase, eastern Kii Peninsula, Southwest Japan. The strata in this area can be divided lithologically into three thrust-bounded formations or tectonostratigraphic units : the Mizunomitoge, Ookogawa and Shimakatsuura Formations from north to south. The Mizunomitoge Formation consists mainly of melange rocks with block-in-matrix fabrics. The Ookogawa Formation is a unit of sandstone-dominated coherent beds, and the Shimakatsuura Formation is also a unit of coherent beds mainly composed of alternating beds of sandstone and mudstone. Radiolarian fossils from these formations indicate that they are of Upper Cretaceous age. The mudstones from these formations show nearly the same illite crystallinity value belonging to the level of diagenetic and lower anchimetamorphic zones. The diagenesis and metamorphism occurred probably by the rise of geothermal gradient in a short period during the Early and Middle Miocene. The thermal maturity also suggests that these strata were accreted in a shallower tectonic level of a convergent margin.
ISSN: 03886298 OPAC
NII論文ID: 110000413359 ciniia
NII書誌ID: AN00103190 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:1994 21

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 田邊, 裕高 -- 狩野, 謙一 (カノ, ケンイチ) (Kano, Kenichi)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください