Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
04. 理学部・理学研究科 = Faculty of Science >
静岡大学地球科学研究報告 (1975-) >
1997 24 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000349
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000102421.pdf1.05 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 大気エアロゾル中の^<32>Pの測定法の検討
その他のタイトル: Analytical method of ^<32>P in atmospheric aerosol
著者: 栗本, 卓
鈴木, 款
掲載誌名: 静岡大学地球科学研究報告
出版者: 静岡大学地球科学教室
巻: 24
開始ページ: 79
終了ページ: 86
出版日付: 1997-07
NDC: 450
抄録: Cosmic ray produced ^<32>P(t_<1/2>=14.3days;E_<max>=1.71MeV) is a powerful tracer of physical and biological processes and the short time scales of atmospheric and upper ocean P cycling. In spite of their tremendous potential for tracing processes involving phosphorus in the environment, the very low activities in nature have impeded their use in biogeochemistry. In order to determine the low-level beta activities of ^<32>P in nature, sample concentration and/or extraction from large volumes of samples are required with a low-level β counting in the field. Preconcentration of the activity in aerosol is achieved here by various concentrating methods. Low-level β counting is achieved by liquid scintillation counting and low background counting. The result of measurement of the activity in aerosol by liquid scintillation counting at Shizuoka University (34°58'N, 138°24'E) ranged from 0.0010±0.0002 to 0.003l±0.0002dpm / m^3 (dpm : disintegrations per minute). Decay-curve in low background counting confirms the existence of ^<33>P(t_<l/2> = 25.3days;E_<max> = 0.25MeV).
ISSN: 03886298 OPAC
NII論文ID: 110000413381 ciniia
NII書誌ID: AN00103190 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:1997 24

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 栗本, 卓 -- 鈴木, 款 (スズキ, ヨシミ) (Suzuki, Yoshimi)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください