Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
04. 理学部・理学研究科 = Faculty of Science >
静岡大学地球科学研究報告 (1975-) >
2002 29 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000381
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000102496.pdf643.25 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 加速器質量分析計による^<14>C測定のための海水溶存無機炭素真空抽出法
その他のタイトル: Vacuum CO_2 extraction method from seawater for AMS ^<14>C analysis
著者: 土屋, 理恵
和田, 秀樹
掲載誌名: 静岡大学地球科学研究報告
出版者: 静岡大学地球科学教室
巻: 29
開始ページ: 113
終了ページ: 118
出版日付: 2002-07
NDC: 452
抄録: We have established a method for total inorganic carbon(〓CO_2) extraction from seawater using a vacuum system for radiocarbon content analysis using an Accelerator Mass Spectrometry (AMS). In this method, phosphoric acid is added to the seawater sample and 〓CO_2 is extracted with ultrasonic washer. After this operation, the extracted gas is purified cryogenically to CO_2 using Horibe traps set with n-pentane (-130℃) and liquid nitrogen (-196℃) to remove H_2O. The collected CO_2 is reacted with H_2 and converted to graphite. The yield of CO_2 extracted from seawater is about 99.8%. The radiocarbon isotopic accuracy of this method is espected to be better than ±0.04‰ in Δ ^<l4>C. Stable carbon isotopic composition (δ^<l3>C) of residual 〓CO_2 in the sample is almost identical with that of initial extraction.
ISSN: 03886298 OPAC
NII論文ID: 110000413420 ciniia
NII書誌ID: AN00103190 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2002 29

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 土屋, 理恵 -- 和田, 秀樹 (ワダ, ヒデキ) (Wada, Hideki)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください