Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
04. 理学部・理学研究科 = Faculty of Science >
静岡大学地球科学研究報告 (1975-) >
2003 30 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000396
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000693010.pdf414.56 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: Direct determination of Cd in seawater by graphite furnace-atomic absorbance spectrometry with Zeeman-effect background correction
著者: Marechal-Abram, Nicolas
掲載誌名: Geoscience reports of Shizuoka University
出版者: Shizuoka University. Institute of Geosciences
巻: 30
開始ページ: 27
終了ページ: 31
出版日付: 2003-07
NDC: 452
抄録: This article describes an accurate method for direct determination of cadmium in seawater using an end-heated atomizer graphite furnace atomic absorbance spectrometry. To avoid interferences caused by matrix elements, ammonium nitrate and di-ammonium hydrogen phosphate were added as matrix modifiers to the sample before analysis. Experiments showed that best Cd signal was obtained fot a sample volume of 15 μl with the addition of 13 μl of NH_4NO_3, (16%) and 3μl of (NH_4)_2HP0_4 (4%), an ashing temperature of 400-550℃ and an atomization temperature fixed at 1200℃. Detection limit(3σ from ten blank replicas) was 0.013 ppb and determination limit (10σ from ten blank replicas) was 0.044 ppb.
ISSN: 03886298 OPAC
NII論文ID: 110000961626 ciniia
NII書誌ID: AN00103190 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2003 30

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: Marechal-Abram, Nicolas

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください