Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
04. 理学部・理学研究科 = Faculty of Science >
静岡大学地球科学研究報告 (1975-) >
2003 30 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000397
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000693012.pdf1.58 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 古第三紀における気候変動 : 近年の研究動向
その他のタイトル: Climatic and environmental changes through the Paleogene : review and discussion
著者: 八木下, 晃司
掲載誌名: 静岡大学地球科学研究報告
出版者: 静岡大学地球科学教室
巻: 30
開始ページ: 47
終了ページ: 58
出版日付: 2003-07
NDC: 456
抄録: Climatic and environmental changes through the Paleogene are characterized by some unusual sedimentological and astronomical events. LPTM (Latest Paleocene Thermal Maximum) event is thought to have been produced by an abrupt dissociation of marine sedimentary hydrates along ocean mareins. The abrupt warming that took place 55.5 Ma is one of the pronounced climatic events in the geohistory. Sudden climate cooling event at the Eocene-01igocene boundary might have been caused by multiple or continuous impacts of extraterretrial materials. EXtraordinarily warm climate during the Eocene may have been brought by either vigorous erosion and oxidation of organic carbons exhumed from the early Himalayan orogeny, or by voluminous metamorohic C0_2 degassing due to the regional metaraorphism. Although the first two events (LPTM and E-O boundary event) certainly affected some environmental changes during each geologic time, a longer-term effect of global plate tectonics, particularly the Himalayan orogeny, is of paramount causal importance throughout the Paleogene. I summarize these views of cause and effect for circumstantial changes on the earth surface and duiscuss about them.
ISSN: 03886298 OPAC
NII論文ID: 120000795139 ciniia
NII書誌ID: AN00103190 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2003 30

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 八木下, 晃司

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください