Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
01. 人文社会科学部・人文社会科学研究科 = Faculty of Humanities and Social Sciences >
人文論集 (1965-) >
2000 51(2) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000406
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004293229.pdf1.05 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く
51_2-G004.pdf37.7 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 「構造分析」理論の紹介(1) : 投映法検査「ハンドテスト」の解釈から
その他のタイトル: Introduction of Structural Analysis (1) : An interpretation of the Hand Test
著者: 佐々木, 裕子
掲載誌名: 人文論集
出版者: 静岡大学人文学部
巻: 51
号: 2
開始ページ: A77
終了ページ: A92
出版日付: 2001-01-31
NDC: 146
抄録: The purpose of this article is to introduce a new theory, Structural Analysis, to Japanese clinical psychologists. Structural Analysis, developed by Wagner, E. E. (1971), is a theory of personality that supports projective techniques, and is based on a hypothesis that personality is mediated through two psychological "structures". These structures are termed the Facade Self (FS) and the Introspective Self (IS). The FS, which constitutes the surface area of personality, is oriented toward the objective world and is needed to maintain basic contact with reality. The IS, which constitutes the deeper area of personality, is oriented toward the inner world of a person and produces a sense of identity that involves ideals, goals, and self-appraisals. This theory provides a theoretical framework in respect to which several psychological tests, especially projective techniques, are used to view different levels of personality. For example, the Hand Test measures overt action tendencies, and therefore directly focuses on the FS. In this paper, I show how Structural Analysis can be used as a guide when interpreting results of the Hand Test with a Japanese girl as the subject.
ISSN: 02872013 OPAC
NII論文ID: 110004709814 ciniia
NII書誌ID: AN00123278 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2000 51(2)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 佐々木, 裕子 (ササキ, ヒロコ) (Sasaki, Hiroko)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください