Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
01. 人文社会科学部・人文社会科学研究科 = Faculty of Humanities and Social Sciences >
人文論集 (1965-) >
2001 52(1) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000413
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004293253.pdf1.45 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: Die »Natur« des Menschen : Kritische Betrachtung der philosophischen Anthropologien von Max Scheler, Helmuth Plessner, Arnold Gehlen und Helmut Schelsky
その他のタイトル: 人間の「本性」 : マックス・シェーラー、ヘルムート・プレスナー、アーノルド・ゲーレン、ヘルムート・シェルスキーの哲学的人間学についての批判的考察
著者: Eggenberg, Thomas
掲載誌名: Studies in humanities
出版者: Shizuoka University. Faculty of Humanities and Social Sciences
巻: 52
号: 1
開始ページ: A239
終了ページ: A264
出版日付: 2001-07-31
NDC: 114
抄録: カントが18世紀に「人間とは何か」という有名な問いを提起していたにもかかわらず、現代の哲学的人間学がその本来の全盛期を迎えるのは20世紀の初めになってからであった。哲学的人間学の登場は、一方では、人間の巨人的・新異端的な自己賛美と、他方では、人間の被造物としての完全性への自己反省という、当時の二つの対立する傾向が反映し合っている徴候と言えよう。しかしながら、哲学的人間学の当時の主要な代表者遠の思想と構想が、なせいまアクチュアルなのだろうか。人工知能とクローン人間をめぐる激しい議論が、それにどのような光を投げかけるのだろうか。小論においては、現代の哲学的人間学の古典を読み直し、それを現代の鏡に照らして批判的に考察することが試みられる。
ISSN: 02872013 OPAC
NII論文ID: 110004709832 ciniia
NII書誌ID: AN00123278 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2001 52(1)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: Eggenberg, Thomas (エゲンベルグ, トーマス) (エゲンベルグ, トーマス)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください