Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
01. 人文社会科学部・人文社会科学研究科 = Faculty of Humanities and Social Sciences >
人文論集 (1965-) >
2001 52(1) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000421
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004293245.pdf1.49 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: アドルノのポピュラー音楽批判の限界 : 音楽文化論の組み替えのために
その他のタイトル: Limitations of Adorno's popular music criticism For rearrangement of music culture theory
著者: 上利, 博規
掲載誌名: 人文論集
出版者: 静岡大学人文学部
巻: 52
号: 1
開始ページ: A17
終了ページ: A37
出版日付: 2001-07-31
NDC: 762
抄録: Over the last thirty years after Adorno's death(1969) the situation of music culture of the world has changed. The purpose of this study is to examine whether Adorno's popular music criticism is still valid for contemporary music culture, and moreover to contribute to the rearrangement of music culture theory. First, I briefly describe the meaning that popular music criticism has in Adorno's philosophy. Section n outlines Adorno's popular music criticism in his five treatises. Section n examines Adorno's criticism from the point of view of comparative music culture theory. We can find the limitations of Adorno's popular music criticism in that he has only one standard to criticize popular music, and we come to the conclusion that we need more fora for critical discussion to improve the quality of popular music.
ISSN: 02872013 OPAC
NII論文ID: 110004709824 ciniia
NII書誌ID: AN00123278 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2001 52(1)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 上利, 博規 (アガリ, ヒロキ) (Agari, Hiroki)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください