Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
01. 人文社会科学部・人文社会科学研究科 = Faculty of Humanities and Social Sciences >
人文論集 (1965-) >
2001 52(1) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000423
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004293247.pdf1.73 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 「構造分析」理論の紹介(2) : 摂食障害事例の投映法検査統合解釈から
その他のタイトル: Introduction to Structural Analysis (2) : An interpretation and integration of projective tests of an eating-disorder case
著者: 佐々木, 裕子
掲載誌名: 人文論集
出版者: 静岡大学人文学部
巻: 52
号: 1
開始ページ: A83
終了ページ: A108
出版日付: 2001-07-31
NDC: 146
抄録: This article presented an outline of a new personality theory Structural Analysis, and the interpretation of projective tests guided by this theory. Structural Analysis postulates two major personality structures, the Facade Self (FS) and the Introspective Self (IS). The theory also posits three psychological modalities, Intellect, Emotion, and Behavior. Both structures, FS and IS, are energized through the modalities of Intellect and Emotion, and IS can lead to Behavior, however it is expressed only through FS. These structures define the personality level: IS occupies a deeper level of personality, whereas FS occupies the outward area. This concept can be used to assign psychological tests to a position, or level along FS to IS continuum. The Hand Test is an instrument to measure the action tendency, therefore it is placed FS, while the Rorschach Technique encompasses a wider range of personality levels than other projective techniques. This paper showed, using a twenty two year old woman with an eating disorder, how these tests integrate within the framework of Structural Analysis. Utilities of this theory were discussed.
ISSN: 02872013 OPAC
NII論文ID: 110004709826 ciniia
NII書誌ID: AN00123278 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2001 52(1)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 佐々木, 裕子 (ササキ, ヒロコ) (Sasaki, Hiroko)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください