Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
01. 人文社会科学部・人文社会科学研究科 = Faculty of Humanities and Social Sciences >
人文論集 (1965-) >
2001 52(1) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000425
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004293251.pdf683.31 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: The Vicar of Wakefield and Benevolence
著者: Suzuki, Mika
掲載誌名: Studies in humanities
出版者: Shizuoka University. Faculty of Humanities and Social Sciences
巻: 52
号: 1
開始ページ: A211
終了ページ: A221
出版日付: 2001-07-31
NDC: 902
抄録: In this paper, I examine the intention of Oliver Goldsmith in writing The Vicar of Wakefield. Sometimes assessed as a failure in an attempt to write a fiction, it conveys a positive message toward eighteenth-century fashion in literature. The emphasis in my reading is on Goldsmith's attempt to describe a benevolent manly hero who is without the sentimental tears. Considering the vogues in mid-eighteenth century, Goldsmith tries to resist the feminization of heroes, and furthermore resist the feminization of virtues by creating a composed hero who writes about his own sufferings in the first-person narrative, making parallel with such celebrated heroines as Pamela and Clarissa. Though thwarted ambitions represent his life, this ambition in literature has achieved success to a certain extent.
ISSN: 02872013 OPAC
NII論文ID: 110004709830 ciniia
NII書誌ID: AN00123278 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2001 52(1)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: Suzuki, Mika (鈴木, 実佳) (スズキ, ミカ)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください