Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
01. 人文社会科学部・人文社会科学研究科 = Faculty of Humanities and Social Sciences >
人文論集 (1965-) >
2001 52(2) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000429
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004293262.pdf1.02 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: Zur Phänomenologie des Dialogs : Husserl und Heidegger
その他のタイトル: 対話の現象学のために : フッサールとハイデガー
著者: Hamauzu, Shinji
掲載誌名: Studies in humanities
出版者: Shizuoka University. Faculty of Humanities and Social Sciences
巻: 52
号: 2
開始ページ: 1
終了ページ: 16
出版日付: 2002-01-31
NDC: 134
抄録: 哲学においては、古代ギリシア以来、或る意味では、対話にいつも重要な役割が与えられて来た。言うまでもなく、哲学(Philo-sophie)という語と同様、対話(Dia-log)という語もまた、古代ギリシア語に起源をもつ。ソクラテスの哲学の方法は、問答という対話であったし、プラトンの哲学の叙述形態は、その師の対話を再現することから始まる対話篇であった。一・二人称が中心となる対話形式に対して、アリストテレスの三人称を中心とした講義形式の叙述は、一見、対話とは縁遠いように見える。しかし、彼は人間を「ポリス的動物」と呼ぶかたわらで「ロゴスをもった動物」とも呼んでおり、その行間を読もうとするとき、ロゴスを交わすことによってポリスを形成するという人間の姿が浮かび上がる。そこには、アリストテレスにとっても対話の役割が決して無視できないものだったことが窺われる。その後も、アウグスティヌスからガリレイやバークリを経てファイヤーアーベントに至るまで、対話形式で叙述する哲学者は綿々と続き、また、必ずしも対話という叙述形式を取らなくとも、トマス・アクィナスの「異論〜反対〜主文」という叙述形式から、カントの弁証論(Dialektik)の特に二律背反(Antinomie)や、ヘーゲルの弁証法(Dialektik)に至るまで、対話の精神が脈々と流れているとも言えよう。それゆえ、対話が重要な意味をもっているのは、必ずしもブーバーらに代表されるいわゆる対話哲学(Dialogphilosophie)と呼ばれる流れにおいてのみとは限らない。むしろ、一見すると対話とは縁遠いように見える哲学においても、対話の場面が論じられ、対話の問題が議論されていることかありうる。そして、そこにおいて、そもそも対話とは何か、対話はどのようにして成立するか、真の対話とは、といったことが浮かび上がってくる。小論は、そのような間心から、フツサールとハイデガーのいくつかの場面を取り上げて、それこそ一見すると対話とは縁遠いように見える現象学の出発点において、対話がどのように考えられていたかを考察し、それによって、<対話の現象学>にむけて一つの準備をするものである。そして、それはまた、他の諸学との<対話>を通じて現象学の新しい可能性を開くためにも役立つことになると考えている。
ISSN: 02872013 OPAC
NII論文ID: 110004709835 ciniia
NII書誌ID: AN00123278 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2001 52(2)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: Hamauzu, Shinji (浜渦, 辰二) (ハマウズ, シンジ)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください