Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
02.1. 附属学校 = Schools >

研究紀要


opac CiNii ciniibooks

研究紀要 : よい授業をめざして / 静岡大学教育学部附属静岡小学校 [編]
ケンキュウ キヨウ : ヨイ ジュギョウ オ メザシテ
1号 (1995)-
静岡 : 静岡大学教育学部附属静岡小学校
NCID: AA11833003

タイトル関連情報の変遷あり: よい授業をめざして(-1970)→創造的な子を育てる授業の要因を求めて(1971)→みずからを切り開く子を育てる授業の要因を求めて(1972)→ほりさげの深い授業(1975-1978)→子ども自らが解決していく学習(1982-1984)→新たな自分に出会っていく授業(1987-1990)→生き方の共鳴としての授業(1991-1992)→学びをひらく(<1996>-2003)→自分らしくなる(2006-)

Logo
      
     

2002 目次

まえがき
  真田, 孝昭
i -
学びをひらく : 自分らしくなっていく子どもと教師との営み(I総論編)

1 - 5
チームの友達と共に取り組む楽しさとは : 1年1組『当てろ動かせ勝利めざして』の実践より(II授業実践編)
  岩田, 良祐
7 - 12
自分の納得できる教え方を見つけていくP男君 : 1年2組『どう置いて どう取ろうかな』の実践から(II授業実践編)
  巽, 一浩
13 - 18
自分のやりたいことを思い切り楽しみたい : 1年3組『わんぱくわーるどであそぼう』の実践から(II授業実践編)
  原田, 正裕
19 - 24
友達と一緒に楽しみたい : 2年1組『チャレンジ!ウッドワールド』の実践から(II授業実践編)
  土屋, 大祐
25 - 30
互いの思いを感じていくA男君とB男君 : 2年3組『何かすっきりしないんだよな』の実践から(II授業実践編)
  大門, 久人
31 - 36
友達とのつながりを感じていくE子さん : 3年1組『ぼくをわかって!』の実践から(II授業実践編)
  萩田, 忠久
37 - 42
人を感じていくこと : 3年2組「児童会館から科学館へ」「凧作りの魅力って?」の実践から(II授業実践編)
  深山, 孝之
43 - 48
やれそうな自分と友達を感じながら : 4年2組『ナイスキャッチ!勝利のために』の実践から(II授業実践編)
  高須, 達也
49 - 54
その子ならではの納得を求めて : 4年3組『風に向かって走れ!』の実践から(II授業実践編)
  植松, 研吾
55 - 60
折れ線グラフの考えを広げていったY男君 : 4年3組『このグラフで正しく表せているのかな』の追究から(II授業実践編)
  辻, 啓之
61 - 66
自分なりの見通しを大切にしていくN男君 : 5年1組『釣り合わせよう 38人のモビール』の実践から(II授業実践編)
  渡邉, 晃
67 - 72
自分で判断することの大切さに気づいていく : 5年2組『本当のことは報道できるの?』の実践から(II授業実践編)
  白鳥, かつら
73 - 78
新しい一歩を踏み出すP男君の学びを信じ続けて : 5年2組『今、自分にできる、理想のお弁当』の実践から(II授業実践編)
  外山, 聡子
79 - 84
理想の動きを求めて : 5年3組『挑戦!! パス&トライ』の実践から(II授業実践編)
  内山, 勝也
85 - 90
社会事象を見る眼を広げていく : 6年1組『男女平等を考える』の実践より(II授業実践編)
  早川, 靖
91 - 96
自分の思いを実現していく楽しさを感じて : 6年1組『ライブフェスタ6の1!』の実践から(II授業実践編)
  高橋, 麻里子
97 - 102
M男君らしい追究で磁力にせまる : 6年3組『電磁石の力にせまれ!』の実践から(II授業実践編)
  松下, 浩身
103 - 108
国語科 自分らしく言語感覚を豊かにしていく(III教科主張)

109 - 109
社会科 自らの価値観を見つめ直し、社会事象を見る眼を広げていく(III教科主張)

110 - 110
算数科 数理から感じる魅力への迫り方が広がる(III教科主張)

111 - 111
理科 見方や考え方をより科学的にしていく(III教科主張)

112 - 112
生活科 自分への気付きを深めていく(III教科主張)

113 - 113
音楽科 納得のいく音楽を表現していく(III教科主張)

114 - 114
図画工作科 納得がいくまで表現し、自らの造形感覚を豊かにする(III教科主張)

115 - 115
家庭科 家庭生活への意識を強めていく(III教科主張)

116 - 116
体育科 自らの動きを高めながら、運動の楽しさを広げていく(III教科主張)

117 - 117
研究の基盤となるもの : 教師おこし委員会より(IV教師おこし編)

120 - 122
子どもたちの歩み出しを信じて(IV教師おこし編)
  松永, 勝
123 - 126
子どもの姿から自分を見つめて(IV教師おこし編)
  小田, 泰子
127 - 130
子どもが信じられるとき(IV教師おこし編)
  渡辺, 敏由
131 - 134
教師おこし委員会より : 平成14年度の活動をふり返って(IV教師おこし編)

135 - 136
V 平成14年度の研究の成果と課題

137 - 138
あとがき
  池谷, 久治
140 - 140

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください