Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
01. 人文社会科学部・人文社会科学研究科 = Faculty of Humanities and Social Sciences >
人文論集 (1965-) >
2003 54(2) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000467
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004293311.pdf3 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: モンゴルにおける王朝交替観に関する一資料 : 「遠太子と真太子の物語」を中心に
その他のタイトル: A Mongolian Manuscript about the Dynastic Change : With a Focus on the Legends of" Yuantayizi" and "Jingtayizi" Yang Haiying
著者: 楊, 海英
掲載誌名: 人文論集
出版者: 静岡大学人文学部
巻: 54
号: 2
開始ページ: A23
終了ページ: A65
出版日付: 2004-01-31
NDC: 389
抄録: 「遠(元)太子与真太子的故事」在蒙古族社会当中広範流伝。成書於17世紀以後的『黄金史』和『蒙古源流』等史書亦載有大同小異的故事。中国方面古籍,自明清以来多有明成祖永楽帝為元帝之子的説法。諸如此類,迄今各方学者都有論考。本文首先紹介了一篇作者従当今内蒙古鄂爾多斯地区収集到的関於「遠太子与真太子的故事」的手抄本。接下来重点分析了該故事是在什〓情況下、由誰、針対誰来講的。通過対1934年天津『大公報』所登歴史小説『中秋血』之広告等事件的分析,指出「遠太子与真太子的故事」不僅是反映了由元至明的改朝換代時期蒙古人的思想,其之所以経久不衰,是因為該作品無論在任何時代都具有強烈的現実意義。該故事既有歴史性又有現実性,此即該故事長期受入喜愛之根本原因。
ISSN: 02872013 OPAC
NII論文ID: 110004709866 ciniia
NII書誌ID: AN00123278 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2003 54(2)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 楊, 海英 (大野, 旭) (オオノ, アキラ) (ヤン, ハイイン) (Ohno, Akira) (Yang Haiying)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください