Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
01. 人文社会科学部・人文社会科学研究科 = Faculty of Humanities and Social Sciences >
人文論集 (1965-) >
2004 55(2) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000486
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004293342.pdf1.26 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 太宰治と私小説 : 「満願」ジャンルを代表する作品か?
その他のタイトル: Dazai Osamu und der Shishôsetu : „Mangan“ 「満願」ein repräsentatives Beispiel des Genres?
著者: Eggenberg, Thomas
掲載誌名: 人文論集
出版者: 静岡大学人文学部
巻: 55
号: 2
開始ページ: A119
終了ページ: A137
出版日付: 2005-01-31
NDC: 910
抄録: 太宰治と私小説-これまで大勢の私小説研究者たちが結論を出せなかった問題のテーマである。例えば、文化学研究のミヨシ・マサオが、太宰は私小説の伝統における最高で、かつ最終の終着点であると確信を述べているのにたいして、太宰伝記研究のジェームズ・オブライアンのほうは、「太宰は私小説作家ではない」とはっきり否定している。本稿はこの論争のどちらかの側につくのではなく、太宰が私小説の諸要素を自在に用いた結果、,相矛盾するものを孕むことになり、それが私小説の類型を超えてしまっている点を、ひとつの具体例を提示しながら、イルメラ・目地谷・キルシュネライトが発表し論争の的になった私小説理論の判定基準を用いて論述しようとするものである。
ISSN: 02872013 OPAC
NII論文ID: 110004709885 ciniia
NII書誌ID: AN00123278 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2004 55(2)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: Eggenberg, Thomas (エゲンベルグ, トーマス) (エゲンベルグ, トーマス)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください