Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
01. 人文社会科学部・人文社会科学研究科 = Faculty of Humanities and Social Sciences >
人文論集 (1965-) >
2005 56(1) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://doi.org/10.14945/00000491
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004293355.pdf1.01 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: The Fantastic in Literature : On the limit between the real and the fantastic
その他のタイトル: 幻想文学論序説 : 現実と幻想との境界について
著者: Hanagata, Kazuyuki
掲載誌名: Studies in humanities
出版者: Shizuoka University. Faculty of Humanities and Social Sciences
巻: 56
号: 1
開始ページ: A117
終了ページ: A134
出版日付: 2005-07-31
NDC: 901
抄録: 近年幻想文学への関心はとみに高まり、読者数や翻訳点数、また日本作家による創作の数は飛躍的に仲びてきているが、こと研究となると、ジャンル論の基礎となるべき構成要素の分別すら、いまだ十分には行われていないのが現状である。本論文では、このジャンルヘの構造主義的アプローチの中では最も高く評価されているものの一つ、ツヴェタン・トドロフの『幻想文学-構造と機能』における幻想の定義に基づき、現実とこれに隣接するいわゆる超自然の領域の関係を明確にし、理念モデルを構築して,ゆく。トドロフは幻想を、読者が超自然的様相をもった作中の事件に直面して感ずるためらいと定義し、このためらいは一時的にしか持続せず、読者の判断によって関連する4ジャンルヘと、最終的に分類されるものとする。しかしトドロフの定義は、重要なポイントを突いてはいるものの、現実や超自然について読者が抱く観念が、時代や文化によって変化するものであることを見落としているために、曖昧な部分を多く残している。この論文では、トドロフの問題を整理しながら、彼が提示したモデルを改良し、ある種の幻想文学を分析する上では、より有効な新しいモデルを構築する。なお、小論はかつて「幻想文学論序説-現実と幻想との境界について」と題して、『比較文学・文化論集』1995年11月号に発表された拙論を、英訳したものである。
ISSN: 02872013 OPAC
NII論文ID: 110004709892 ciniia
NII書誌ID: AN00123278 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:2005 56(1)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: Hanagata, Kazuyuki (花方, 寿行) (ハナガタ, カズユキ)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください