Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
11. 創造科学技術大学院 = Graduate School of Science and Technology >
11. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10297/5334
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
101027004.pdf429.32 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 仕様記述言語LOTOSからハードウェア記述言語VHDLへの変換
その他のタイトル: A Translation Method of FDT LOTOS into HDL VHDL
著者: 花屋, 雅貴
稲富, 猛
西垣, 正勝
佐藤, 文明
水野, 忠則
掲載誌名: 情報処理学会研究報告. マルチメディア通信と分散処理研究会報告
出版者: 情報処理学会
巻: 97
号: 35
開始ページ: 117
終了ページ: 122
出版日付: 1997-04-24
権利: 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである ここに掲載した著作物の利用に関する注意 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 Notice for the use of this material The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
NDC: 007
抄録: プロトコルの仕様記述言語LOTOSを用いた応用としてテスト系列の生成、ソフトウェアへの応用など様々な研究がなされている。近年高速なネットワークの研究、開発によりプロトコルはより高速な動作を求められている。そのためプロトコルをハードウェアで実装することがしばしば行われている。そこで本稿ではLOTOSからハードウェア記述言語VHDLへの変換方針を提案する。これによりプロトコルのハードウェアによる実装の際、より早いプロトタイプの作成及び計算機上での動作確認が可能になると思われる。また、LOTOSからVHDLへの変換のために「同期ゲート」、「セレクタ」ハードウェアモジュールを導入する。
ISSN: 09196072 OPAC
NII論文ID: 110002937879 ciniia
NII書誌ID: AN10116224 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:11. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 花屋, 雅貴 -- 稲富, 猛 -- 西垣, 正勝 (ニシガキ, マサカツ) (Nishigaki, Masakatsu) -- 佐藤, 文明 (サトウ, フミアキ) (Sato, Fumiaki) -- 水野, 忠則 (ミズノ, タダノリ) (Mizuno, Tadanori)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください