Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
05. 工学部・工学研究科 = Faculty of Engineering >
05. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10297/5430
Bookmark and Share

Files in This Item:

File Description SizeFormat
101216001.pdf1.05 MBAdobe PDFThumbnail
View/Open

Title: 第43, 44次南極地域観測隊における流星バースト通信設備を用いたデータ伝送実験(宇宙利用システム)
Other Titles: Data Transmission Experiments Using Meteor Burst Communication Equipment Conducted during Japanese 43-rd and 44-th Expeditions in Antarctica
Authors: 椋本, 介士
福田, 明
吉廣, 安昭
中野, 啓
大市, 聡
長澤, 正氏
山岸, 久雄
佐藤, 夏雄
門倉, 昭
楊, 恵根
姚, 明旿
張, 森
何, 国経
金, 力軍
Journal Title: 電子情報通信学会論文誌. B, 通信
Publisher: 電子情報通信学会
Journal Volume: 88
Journal Issue: 9
Start Page: 1875
End Page: 1885
Issue Date: 2005-09-01
Rights: copyright©2005 IEICE
NDC: 547
Abstract: 本論文では, 筆者らが南極大陸で行った流星バースト通信(MBC)実験のうち, 第43, 44次南極観測において行ったデータ伝送実験の概要とその実験結果を報告する.43次隊では, マスタ局を昭和基地(日本), リモート局を中山基地(中国)に設置し, リモート局で定期的に生成されるデータを, 米国Meteor Communications Co.(MCC)社製のMBC装置を用いてマスタ局へ伝送する実験を行った.44次隊では, リモート局としてドームふじ観測拠点(日本)を加えて, 二つのリモート局からデータを伝送する実験を行った.実験結果から, この地域では, 流星バーストのほかに, 主に夜間(地方時)にオーロラに起因すると思われる伝搬現象が頻発し, この現象もデータ伝送に利用可能であることが判明した.また, 南極域に低VHF帯電波を用いたデータ収集網を構築する際に有用となる様々な実際的データ(受信率の日変動や季節変動など)が得られた.
ISSN: 13444697 OPAC
Article NAID: 110003224110 ciniia
Journal NCID: AA11325909 OPAC ciniib
Textversion: publisher
Appears in Collections:05. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 椋本, 介士 (ムクモト, カイジ) (Mukumoto, Kaiji) -- 福田, 明 (フクダ, アキラ) (Fukuda, Akira) -- 吉廣, 安昭 (ヨシヒロ, ヤスアキ) (Yoshihiro, Yasuaki) -- 中野, 啓 (ナカノ, ケイ) (Nakano, Kei) -- 大市, 聡 (オオイチ, サトシ) (Ohichi, Satoshi) -- 長澤, 正氏 -- 山岸, 久雄 -- 佐藤, 夏雄 -- 門倉, 昭 -- 楊, 恵根 -- 姚, 明旿 -- 張, 森 -- 何, 国経 -- 金, 力軍

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback