Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
05. 工学部・工学研究科 = Faculty of Engineering >
05. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10297/5431
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
101216002.pdf525.7 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 第45次南極地域観測隊における流星バースト通信によるデータ伝送実験(宇宙利用システム)
その他のタイトル: MBC Data Transmission Experiment Conducted During Japanese 45-th Expedition in Antarctica
著者: 福田, 明
椋本, 介士
大市, 聡
中野, 啓
吉廣, 安昭
長澤, 正氏
山岸, 久雄
佐藤, 夏雄
楊, 恵根
何, 国経
金, 力軍
掲載誌名: 電子情報通信学会論文誌. B, 通信
出版者: 電子情報通信学会
巻: 90
号: 2
開始ページ: 199
終了ページ: 207
出版日付: 2007-02-01
権利: copyright©2007 IEICE
NDC: 547
抄録: 本論文では,筆者らが2001年末より2004年末まで,ほぼ3年間にわたって南極大陸で実施した流星バースト通信実験のうち,最終年度(第45次南極地域観測隊)において行ったデータ伝送実験の概要とその実験結果を報告する.実験は,昭和基地(マスタ局)-中山基地(リモート局)間約1400kmで行われ,筆者らが開発した,ソフトウェアモデムによる流星バースト通信システムRANDOMが用いられた.期間を通しての平均スループットは,流星バーストによる伝搬が主である昼間には約1.7 bit/s, オーロラに関係すると思われる非流星伝搬がしばしば発生する夜間には約6.8bit/sであり,全休では約3.4bit/sであった.このように,本システムのデータ伝送能力は,それまでの2年間のデータ伝送実験に用いた米国MCC社製のシステムに比べて非常に高く,この1対1通信路を通して1日当り30キロバイト以上の観測データを伝送できることが分かった.
ISSN: 13444697 OPAC
NII論文ID: 110007378954 ciniia
NII書誌ID: AA11325909 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:05. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 福田, 明 (フクダ, アキラ) (Fukuda, Akira) -- 椋本, 介士 (ムクモト, カイジ) (Mukumoto, Kaiji) -- 大市, 聡 (オオイチ, サトシ) (Ohichi, Satoshi) -- 中野, 啓 (ナカノ, ケイ) (Nakano, Kei) -- 吉廣, 安昭 (ヨシヒロ, ヤスアキ) (Yoshihiro, Yasuaki) -- 長澤, 正氏 -- 山岸, 久雄 -- 佐藤, 夏雄 -- 楊, 恵根 -- 何, 国経 -- 金, 力軍

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください