Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
05. 工学部・工学研究科 = Faculty of Engineering >
05. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10297/5432
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
101216003.pdf689.95 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 南極域における低VHF帯トーン伝送実験(宇宙利用システム)
その他のタイトル: A Low VHF Tone Transmission Experiment in the Antarctic Region
著者: 椋本, 介士
福田, 明
吉廣, 安昭
長澤, 正氏
山岸, 久雄
佐藤, 夏雄
楊, 恵根
金, 力軍
掲載誌名: 電子情報通信学会論文誌. B, 通信
出版者: 電子情報通信学会
巻: 90
号: 8
開始ページ: 741
終了ページ: 749
出版日付: 2007-08-01
権利: copyright©2007 IEICE
NDC: 547
抄録: 筆者らは,流星バースト通信を利用した南極城多点観測網の構築を提案している.本論文では,そのための基礎実験として,中山基地(中国)-昭和基地(日本)間で行われたトーン送受信実験の結果を報告する.この実験は,日本第43〜45次南極観測隊及び中国第18〜20次南極観測隊の協力により2002年3月〜2004年11月の約3年間にわたって行われた.南極域では,流星散乱以外にもオーロラ等に起因する様々な現象により低VHF帯電波が見通し外に伝搬される.また,同地域には,電離層じょう乱や風雪雑音といった特有の電波環境がある.本論文では,トーン送受信実験の結果を様々な角度から分析し,南極城における低VHF帯伝搬路の統計的性質を示す.
ISSN: 13444697 OPAC
NII論文ID: 110007379012 ciniia
NII書誌ID: AA11325909 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:05. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 椋本, 介士 (ムクモト, カイジ) (Mukumoto, Kaiji) -- 福田, 明 (フクダ, アキラ) (Fukuda, Akira) -- 吉廣, 安昭 (ヨシヒロ, ヤスアキ) (Yoshihiro, Yasuaki) -- 長澤, 正氏 -- 山岸, 久雄 -- 佐藤, 夏雄 -- 楊, 恵根 -- 金, 力軍

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください