Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
11. 創造科学技術大学院 = Graduate School of Science and Technology >
11. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10297/5465
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
110127004.pdf1.81 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: データのスクラッチングと動的復元によるバイナリープログラムの不正コピー防止方式
その他のタイトル: Copy Protection of Binary Programs by Data Scratching and Dynamic Restoration
著者: 西垣, 正勝
曽我, 正和
井熊, 徹
田窪, 昭夫
掲載誌名: 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界
出版者: 電子情報通信学会
巻: 83
号: 11
開始ページ: 1288
終了ページ: 1299
出版日付: 2000-11-25
権利: copyright © 2000 IEICE
NDC: 007
抄録: ネットワーク経由でバイナリープログラムを配信する場合の大きな課題は不正コピーの防止である.クラッカーによるネットワーク経由の不正コピーに対処するのはもちろんのこと, プログラムの正規購入者が悪意をもって行う不正コピーをも防ぐ技術が必要になる.本論文では, プログラムの一部を意図的に改ざんすることにより, 不正コピーを無効化する方法を提案する.プログラム中の改ざん部分はプログラムに付けられた傷に相当する.傷を修復するためのクリーナ情報がなければ, プログラムをそのまま実行したとしても正常な動作には至らない.クリーナ情報はプログラムの正規購入者にのみ, 購入者の公開鍵により暗号化された上で送られる.プログラムは傷が付けられた状態で配信され, ユーザのファイルシステムに格納される.更にプログラムは, 実行の段階で主メモリにロードされた時点においても傷付いたままである.CPUにはクリーナ情報を用いてプログラム中の傷を動的に復元するための機構が付加されており, プログラムの傷は命令実行の直前で修復され, 正しく実行される.なお, クリーナ情報の格納場所を含め, 動的復元機構は高度に秘匿されるべきモジュールであり, ユーザからハードウェア的に隠ぺいされている.本論文では, 上記不正コピー防止システムの具体的な実現方式を示す.本方式の動的復元機構は既存のアーキテクチャに上位互換的に付加可能である.更に, 動的復元のプロセスがプログラムの実行速度を落とすこともない.
ISSN: 09135707 OPAC
NII論文ID: 110003313888 ciniia
NII書誌ID: AN10013345 OPAC ciniib
バージョン: publisher
出現コレクション:11. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 西垣, 正勝 (ニシガキ, マサカツ) (Nishigaki, Masakatsu) -- 曽我, 正和 (ソガ, マサカズ) (Soga, Masakazu) -- 井熊, 徹 -- 田窪, 昭夫 (タクボ, アキオ) (Takubo, Akio)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください