Shizuoka University REpository  title image 
morning
day
evening
night
shizuppy
 

SURE: Shizuoka University REpository >
06. 農学部・農学研究科 = Faculty of Agriculture >
06. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10297/5798
Bookmark and Share

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
110809001.pdf221.29 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

タイトル: 高活性リグニン分解菌 Phanerochaete sordida YK-624 株における新規リグニンペルオキシダーゼ高発現株のリグニン分解特性
その他のタイトル: Ligninolytic properties of highly expressed transformant with novel lignin peroxidase from hyper lignin-degrading fungus Phanerochaete sordida YK-624
著者: 杉浦, 立樹
山岸, 賢治
平井, 浩文
河岸, 洋和
掲載誌名: 木材学会誌
出版者: 日本木材学会
巻: 56
号: 6
開始ページ: 382
終了ページ: 387
出版日付: 2010-11
権利: Copyright (c) 2011 日本木材学会
NDC: 658
抄録: 高活性リグニン分解菌Phanerochaete sordida YK-624株の産生する,新規リグニンペルオキシダーゼの1種であるYK-LiP2をコードする遺伝子ylpAを高発現する形質転換体A-11株のリグニン分解特性を調査した。ブナ木粉培地においてA-11株は野生株より高いリグニン分解活性を示し,4週間培養後のリグニン分解率は野生株と比較して7.6%高い値を示した。また,その時のリグニン分解選択性も野生株より高い値を示した。A-11株を接種した木粉中のLiP活性は野生株のものより高く,また組換えylpAの転写解析より,A-11株は培養期間を通して安定して組換えylpAを転写していることが判明した。これらの結果より,ylpAの高発現がP.sordida YK-624株のリグニン分解活性を上昇させたことが示された。さらに,市販のセルラーゼを用いた酵素糖化性について検討したところ,A-11株により処理した木粉は野生株のものより高い糖化性を示した。
ISSN: 00214795 OPAC
E-ISSN: 18807577 OPAC
出版者DOI: 10.2488/jwrs.56.382   
NII論文ID: 10029789329 ciniia
NII書誌ID: AN00240329 OPAC ciniib
バージョン: author
出現コレクション:06. 雑誌論文・記事(Journal Article, Article, Preprint)

Google™ Scholar: Cited By - Related - Other Copies

Others By: 杉浦, 立樹 (スギウラ, タツキ) -- 山岸, 賢治 -- 平井, 浩文 (ヒライ, ヒロフミ) (Hirai, Hirofumi) -- 河岸, 洋和 (カワギシ, ヒロカズ) (Kawagishi, Hirokazu)

本リポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社、学協会などが有します。著作権者はコンテンツにより異なります。
本リポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください